【10000円~25000円以下】高解像度で適度な低音とフラットな高、中域がモニター、リスニングに丁度良いヘッドホン「audio technica ATH-M50x」

4.5
audio-technica

どうもぽちです。

かなり過ぎてしまいましたが新年度もよろしくお願いいたします(*^_^*)

今回は現在の値段19500円台のaudio technica様の「audio technica ATH-M50x」をレビューしたいと思います。

こんな人にお勧めできるヘッドホン

  • 音源制作・DTM用として使用したい人
  • 少し低域が強調されているが高域と中域がフラットな音が好きな方
  • ながら聴きリスニング用ヘッドホンが欲しい方

レビュー環境は、PC→iFI-Audio【ZEN DAC】ATH-M50x
                スマホ(Xiaomi Redmi Note 9S)→ATH-M50x

再生ソフトは、AmazonmusicHDを使用してます。

TH-M50x

ATH-M50xの詳しい詳細は公式ホームページの方でご確認にしていただけると幸いです。

ATH-M50x|ヘッドホン|株式会社オーディオテクニカ
ATH-M50xの商品ページです。プロフェッショナルモニターヘッドホン,世界が認めた“M50”の次世代モデル。現場のニーズに応える高解像度モニターヘッドホン。

型式ダイナミック密閉型ヘッドホンインピーダンス38Ω
ドライバーφ45mm、CCAWボイスコイルケーブル片出しOFCリッツ線
出力音圧レベル99dB質量(ケーブル含まず)約285g(ケーブル含まず)
再生周波数帯域15HZ~28kHz付属品ポーチ、カールコード(着脱式):片出し1.2m、ストレートコード(着脱式):片出し3.0m、片出し1.2m
仕様一覧

今回購入したATH-M50xは白色を購入しました。

白は汚れが目立ちそうですが強化樹脂で出来ていているので傷などはあまり目立ちません。

付属品は合皮素材のポーチ、カールコード3.0mとストレートコード3.0m、1.2m、φ6.3mm変換プラグになります。

コードにはロック機能付きプラグがついており簡単に抜けなくなっており抜き差しはやりにくいですが、どこかに引っ掛かり抜けたりしないのがいいです。

スライダーには鉄が使用されており簡単には壊れないようになっています。

側圧は結構強めで人にとっては装着していると頭が痛くなったりすると思います。

イヤーパットも横幅約85mmとなっており、僕の耳は覆いきれず側圧によって痛く感じてしまう原因だと思いました。

イヤーパットとヘッドパットは合皮素材で出来ており汗などに強く、中のクッションがもちもちしておりそこは好印象です。

音質は?

モニターヘッドホンの中では低音域が強調されており中域、高域をぼやけさせる程は主張してこないですが、リスニングとして使用する分には丁度いいくらいの量感で引き締まった低音域がいいアクセントを出しており、普段使いや「ながら聴きリスニング用ヘッドホン」には十分に楽しめると思います。

高域は明瞭で分離感もよく音一つ一つを聴き分ける感じがします。刺さり感もなく自然的に聴こえるように調整されていると思います。

ボーカルは近く感じられてボーカルをしっかり聴きたい人にもいいと思いますが、少しあっさりしている感じがしたので、ボーカルをしっかり聴きたい人にはほかのヘッドホンの方がいいのではと思います。

前にレビューをした【ULTRASONE PRO900i】よりは低音が強すぎるわけでないので、DJ用、DTM用として考えている人は【ATH-M50X】の方が向いていると思います。

こちらも見てもらえると幸いです。

まとめ

ATH-M50xはこれからヘッドホンをレビューするときの比較用のヘッドホンに使用していきたいと思います。

低音の量感も僕的にはよく中域、高域もフラットで解像度も高く買ってよかったと思えるヘッドホンでした(*^_^*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました